読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぐれメタルのケモノ道

通りすがりのはぐれメタルが少しだけ喋ります。

サンディブリッジ世代

少し前、週刊アスキーで「最強コア、SandyBridge登場」的な特集がありまして、
何これ?と思ったので調べてみました。

今世の中で主流のCPUは、「Core i5」「Core i7」と呼ばれるものが多いですが、
それぞれプロセッサのアーキテクチャによって世代が分かれています。

最初に発売されたのが「Nehalem(ネハレム)世代」と呼ばれるもの。
Core i5 680」「Core i7 960」と3ケタの数字がついています。

その次の世代として発売されたのが「Sandy Bridge(サンディブリッジ)世代」。
Core i5 2500」「Core i7 2600」と4ケタの数字で表現されます。

Core i3、ミドルロー向けのPentium、ローエンド向けのCeleronにもそれぞれSandy Bridge世代の
CPUがあるみたいです。


企業にPCを大量導入する場合には、最新のCPUはコストがかかりすぎるので、
Core i5 Nehalem、Sandy Bridge世代が主流なのかなぁ。個人的な感覚では。